WEBコンピューター言語 | PHP

このサイトではインターネット上でホームページ作成に使用されるコンピューター言語について、その概要を詳しく説明しています。

Web開発言語 PHP

Web開発言語 PHP は PHP: Hypertext Preprocessor と呼ばれ、動的にHTMLデータを生成することによって、動的なウェブページを実現させるためのプログラミング言語である。PHP の語源は Personal Home Page であり、その名称からこの言語がホームページ作成用に特化して開発が進められたものであることがよく理解できる。基本的には HTML へ埋め込むことでプログラムを記述することになるが、昨今のフレームワークではプログラムと表示機能を分離させたものが主流となっている。MediaWiki や Pukiwiki 、WordPress など、オープンソースウェブアプリケーションの多くが PHP により開発されている。

PRリンク
池袋駅東口の風俗求人なら | よるジョブ

PHP の特徴

PHP はサーバサイドスクリプト言語であり、WEBサーバ上のスクリプトファイルにアクセスされる毎にPHP スクリプトが実行され、その結果がブラウザ上に表示される。簡単な文法なので容易に習得することが可能であり、多くの技術者から支持を受け、簡素な物から大規模なアプリケーションに至るまで、幅広く利用されている開発言語である。またPEARに代表されるライブラリや、多くのフレームワークが提供されていることでも知られていて、大規模なアプリでも開発しやすい環境が提供されている。オープンソースで開発されるアプリケーションも多いこともある反面、脆弱性も少なくない。そのため深刻なセキュリティーホールが報告された例も存在している。

CMS と フレームワーク

PHP 言語では多くのWEB開発環境が提供されている。たとえば現在多くのWEBサイトに採用されている WordPress は PHP で開発されており、また表示させる各ページも PHPで表記させることが可能である。他にも MediaWiki や PukiWiki、XOOPS、OpenPNE 等の CMS システムや、phpMyAdmin のようなデータベース管理ツールのようなものまで、PHP 言語で開発されたアプリケーションは数多い。また PEAR のようなライブラリを用いて多くの機能を拡張させたり、Smarty によりテンプレートエンジンを用いてプログラム部と表示部を分離させるための環境も提供されている。また CakePHP や FuelPHP 、Synfony をはじめとするフレームワークの提供により、大規模なアプリケーションを容易に開発できるための数々の環境が提供されていることも、PHP 言語を支持する多くの技術者がいることの根拠となっている。

リンク集