WEBコンピューター言語 | Javascript

このサイトではインターネット上でホームページ作成に使用されるコンピューター言語について、その概要を詳しく説明しています。

JavaScript とは

よくJAVAと混同しがちであるが別物であり、狭義としてはMozillaが仕様を策定するオブジェクト指向型のスクリプト言語で、Ecmaインターナショナルの手によりECMAScript (ECMA-262) として標準化している。現在ではほとんどのブラウザに実装されているので、JavaScriptで書かれたプログラムはブラウザを選ばず実行させることができる。ECMAScriptの規格では各ブラウザ等が独自の拡張を行なうことを認めているため、主要なブラウザが実装しているスクリプト言語はすべてECMAScriptに準拠であり、マイクロソフトやGoogle, Appleが実装しているものもそうであるが、例えばマイクロソフトが実装しているものはJScriptと、別の名前が付けられているものもある。一般に DOM(Document Object Model) と呼ばれるHTMLやXMLをアプリケーションから読み込む機能は JavaScript で操作することができるためその仕様であると誤認されやすいが、こちらはブラウザに実装された API であり、厳密には JavaScript とは関係がない。

PRリンク
福山の美容院ならトップシェイプへ行こう!

JavaScript の特徴

最も大きな JavaScript の特徴はプロトタイプベースのオブジェクト指向プログラミング言語であり、柔軟性の高い設計となっている。またその柔軟性の高さから多くのアプリケーションにおいてマクロ言語として JavaScript を採用している例も多くみられる。また本格的なGUIライブラリが登場したこともあり、デスクトップアプリケーションと同様のユーザインタフェースを搭載したWEBアプリケーションも多くみられるようになった。また DWR(、Direct Web Remoting) の記述も発達し、メモリ使用量の削減を実現したこともあって、サーバからクライアントへのプッシュ型の配信が実用的となった。今後はAPIの策定が進められていることもあって、バックグラウンド処理や非同期入出力の制御が容易に実現できるようになることが期待されている。。

JavaScript の歴史と現在

JavaScriptは元来はネットスケープコミュニケーションズのブレンダン・アイク氏により開発されたもので、、Netscape Navigator 2.0に実装されたものが始まりである。当初は LiveScript と呼ばれていたが、ネットスケープ と サン・マイクロシステムズ(現オラクル)の提供により、当時サンマイクロが開発し脚光を浴びていた JAVA にあやかり JavaScript と命名された。そのため名前こそ似ているが JAVA と JavaScript の間では互換性その他関連性は全くない。当初はブラウザごとに拡張された機能も多く、特定のブラウザでしか動作しないプログラムも多かった。しかし現在では古いプログラムを除き ECMAScriptによる標準化以後はブラウザを選ぶことなくプログラムを動作させることが可能となっている。また多くのベンダーにより広く JavaScript は採用され、マイクロソフトが開発した Ajax と呼ばれるJavaScriptの非同期通信により、高機能なウェブアプリケーション開発言語として注目を集めている。一方でネットスケープとマイクロソフトの対立によりJavaScript 2.0策定がまとまらず、ECMAScriptによる標準化作業も分裂するなど、将来における互換性の継続に疑問符が付いている。

リンク集