WEBコンピューター言語

このサイトではインターネット上でホームページ作成に使用されるコンピューター言語について、その概要を詳しく説明しています。

ホームページ作成言語

インターネット黎明期にWWW(ワールド・ワイド・ウェブ)という概念が生まれ、ホームページという物が生まれた。その当初からホームページはHTMLという作成言語が使用され、現在に於いても使用されている。当初のHTML言語は文章の中に画像や文字の修飾、レイアウトなど、全ての情報を埋め込む使用になっていたが、後に仕様がバージョンアップされるとともにHTMLファイルは極力文章のみで制作し、修飾情報を記入するためのCSSファイルの書式が制定され、現在においても基本的にはHTMLとCSSによってホームページが作成されている。また現在はその他にも多くのWEB作成言語が存在し利用されているが、それらはいずれもプログラムによってHTMLおよびCSSが吐き出されることで、一部例外があるものの端末側のブラウザはそれを解釈して表示されている。

ホームページ制作で使用される主な言語

  • HTML
  • CSS
  • perl
  • PHP
  • Javascript
  • Ruby
  • Phython
  • ActionScript
PRリンク1
福山の美容院ならトップシェイプへ行こう!
福山市川口町のフェイシャルエステ | プラミスマーチ

サーバサイドとブラウザサイド

WEB作成言語はその特徴から2種類に分類することができる。1つはサーバサイトスクリプトと呼ばれるもので、サーバ上で動作することでHTMLが作成され、ブラウザはそれをそのまま読み込んで表示する。従ってブラウザに表示されたウェブ画面のソースを表示させると、WEBプログラムのソースではなく作成されたHTMLソースが表示される。もうひとつの種類の作成言語はウェブブラウザ上で実行されるもので、JavascriptやActionScript等が挙げられる。一般的にほとんどのブラウザはJavascriptのインタープリタを搭載しているため、ブラウザの種類によらずプログラムを実行させることが可能である。またWINDOWS等のパソコンであればAdobe社のFlashがインストールされているケースがほとんどであるが、その状態であればFlashがインタープリタとして動作することで、ActionScriptで書かれたプログラムを実行させることができる。

PRリンク2
タイヤの買取販売 | ツーエル国際貿易
池袋駅東口の風俗求人なら | よるジョブ

WEBアプリケーション

昨今、WEB2.0の概念の浸透により、データベースと連動した形で動作するアプリケーションとしてのWEBサイトが増加している。それらのサイトはサーバサイドスクリプトとして動作するプログラム言語で書かれていて、PHP、Ruby、perl、JAVAサーブレットなどの言語で書かれている。またWEBアプリケーション開発のためのライブラリ群も充実し、オープンソースで公開もされているため、先人が開発したルーチンを再度公開してはいけないと呼び掛けられ、フレームワークという形でアプイケーションが開発しやすい環境が多く整えられている。

PRリンク3
福山で正社員求人をお探しなら | アーツェット有限会社

リンク集